オンライン診療 個別カウンセリング

Top > WEB説明会申込

WEB説明会申込

限りなく自然の状態に近い体外受精を行う「Natural ART Clinic 日本橋」の
治療法を説明したビデオをご覧いただけます。
まずは概要をご案内したダイジェスト版をご覧ください。

WEB説明会では、当院の治療方針や治療方法をわかりやすく説明しています。

内容は、患者さんの治療の段階に応じて、
『不妊治療が初めての方向けのART未満の説明会』
『不妊治療経験がある方向けのARTの説明会』
『精子に関して詳しく知りたい方、男性不妊の方向けの精子専科の説明会』
の3タイプがあります。

説明会は、パソコン、タブレット端末、スマートフォンのGoogle Chromeから、いつでも、どこでも、何度でも視聴が可能なWEB説明会オンデマンド配信と、リアルタイムにインターネットで配信するライブの2通りです。

ライブ配信は月に1回程度の予定で、視聴には㈱コクリポのアプリのダウンロードが必要です。

ご夫婦での視聴はもちろん、当院に通院されていない方でも視聴は可能です。

また、WEB説明会をオンデマンドで視聴いただいた方を対象に、当クリニックにおきまして、不妊治療に関する個別カウンセリング(無料)を日曜日の午後に開催します。
妊活を開始しようか迷っている方から、体外受精・顕微授精を受けても結果が出ず、治療に行き詰まりを感じている方は、WEB説明会をご視聴いただきカウンセリングにご参加下さい。

尚、WEB説明会に関するお問い合せは、下記アドレスへメールをお願いいたします。(※お電話でのお問合せは受付けておりません)
お問い合わせ先:lecture-faq@naturalart.or.jp

【WEB説明会視聴の条件】

1)入籍している方
2)治療当事者
(ご夫婦以外のご家族、ご友人などは参加できません)

WEB説明会 オンデマンド配信情報

Webinar

当クリニックで行っている3つのWEB説明会の最新内容の録画+NAC受診の基礎知識を期間限定で配信いたします。それぞれの説明会は、この期間内(2021年4月29日~2021年5月31日)のお好きな時間に視聴できます。
ご応募いただいた方に視聴に必要な配信アドレスとパスワードを送付させていただきますので、ご自身でアクセスしてご視聴下さい。

内容は下記の通りです。

1.説明会
1)ART説明会
既に基礎的な検査、不妊治療を経験した方が対象です。
Part Ⅰ 卵巣機能の基礎知識 (約20分)
Part Ⅱ 良好主席卵胞卵子採取への挑戦(約40分)
Part Ⅲ 精巣機能の基礎知識 (約10分)
Part Ⅳ 小卵胞採卵が開くARTの未来 (約50分)

2)ART未満説明会(約50分)
不妊治療が初めての方、治療歴の有無を問わず、体外受精以前の基礎的知識を知りたいという方が対象です。
ART(体外受精)以前の基礎的不妊検査・治療、タイミング治療・人工授精などに関して易しく説明いたします。自然周期体小卵胞採卵-外受精で培った技術により、薬を使わずに自然妊娠をサポートする方法を説明します。

3)精子専科説明会(約75分)
治療歴の有無を問わず、精子の異常に関して詳しく知りたいという方が対象です。
精子の状態を正確に把握するためのNAC式精子検査を解説し、検査結果に基づいた治療の方法、IMSIを中心とした戦略を説明します。

2.NAC受診に関して
1)NAC受診の基礎知識(約15分)
Natural ART Clinic 日本橋の受信のための基本的な知識、初診時に必要なもの、採卵のための通院回数、採卵の決定方法など、初診からの治療の流れを説明いたします。

2)NACで行う精子検査について(約15分)
Natural ART Clinic 日本橋において行う精子検査について、方法と結果の見方について、説明いたします。

3)NACで行うホルモン検査について(約15分)
生理周期におけるホルモンの変化を解説し、Natural ART Clinic 日本橋において行うホルモン検査の種類と結果の見方について説明いたします。

3.ART関係
1)NAC採卵の実際
第1部 安全性を高めた採卵針の開発(約20分)
採卵時の疼痛と卵巣からの出血の危険性を極限まで縮小させた特殊採卵針の開発のお話です。
第2部 小卵胞採卵を可能にする高度な採卵技術(約20分)
小卵胞採卵のための手技、高度な技術とは何か、それをいかにして維持発展させているかを説明します。

2)移植専科
第1部 NAC式自然周期移植法について(約20分)
NACではなぜ自然周期で胚移植を行うのか、最近流行のERA(子宮内膜着床の検査)は意味があるかなど、着床に関与する要因について説明いたします。
第2部 着床の鍵に迫る(約20分)
胚盤胞のTE(栄養膜細胞)数を評価する意味とは?移植の準備の出発点はいつか、また、ホルモンとの関連性はどうかという点について説明します。

3)クロミフェン専科
古くから排卵抑制薬として利用されてきたクロミッドについてNACでの経験からわかった事、またそれを治療にどのように治療に利用しているかについて説明します。
第1部 知っているようで知らないその本質(約15分)
クロミッドの作用機序とその影響について説明します。
第2部 クロミッドの使い方
不妊治療において使うクロミッドに期待する作用、および、効果的な利用方法について説明します。

4.卵子に関すること
1)AMH専科
AMH(アンチミューレリアンホルモン)についてわかりやすく説明するとともに、当クリニックで得られたデータから不妊治療におけるAMHの持つ意味を解説いたします。また、治療の進め方にどのように反映させるべきかについても説明します。
第1部 AMHとは何か?(約20分)
卵巣年齢を表すのは正しいのか、また、AMHの年齢による変化と周期間の変動について説明します。
第2部 AMHは卵子の質に関係するのか?(約20分)
卵子の成熟、卵子の回収について、主席卵胞や小卵胞から回収された卵子との関係を説明します。
第3部 妊娠、出産に関係するのか?(約20分)
AMHの値と胚盤胞発生率、生産率との関係、また、他のホルモン値との関係を説明します。

2)排卵専科
卵子成熟と排卵の仕組みから、排卵を誘起させるために使用するお薬と卵巣への影響について解説します。
第1部 排卵の仕組みと、誘起排卵について(約15分)
卵子成熟と排卵の関係の仕組み、並びに、排卵を誘起する2種類の仕組み(トリガー)について説明します。
第2部 いつ排卵のトリガーを引くか(約15分)
最高に成熟度の高い卵子を回収するためのタイミングとそれを見極めるためのホルモンについて説明します。
第3部 どちらのトリガーを使うか(約30分)
自然周期で使用する点鼻薬と、高刺激周期で使用するhCGについて説明するとともに、卵巣への影響について説明します。

3)卵子老化専科 (約30分)
一般的な老化と卵子老化の違いについて考察し、卵子老化の真実に迫ります。

5.ART未満の治療
1)フーナー専科 (約30分)
自然妊娠の能力を確認するために行わるフーナー(性交後)試験について得られる情報、および、正確な結果を得るためのフーナー検査はどのように行われるべきかを解説し、その結果をどう判断すべきかについても説明します。

2)IUI専科
妊娠へのルートの一つであるIUI(人工授精)について、治療における位置づけ、適応をどう判断するか、また、実際にどのように行うべきかを説明します。
第1部 人工授精の適応(約25分)
自然妊娠の可能性を調べるための精子検査と、結果から考えられる治療の進め方について説明します。
第2部 人工授精の実際(約25分)
IUIの適応に必要なその他の検査と、人工授精のタイミングを正確にコントロールするべき理由とその実際について説明します。

講師:
寺元 章吉
(医療法人社団永遠幸 理事長)
ならびに各部署の担当者
主催:
医療法人社団永遠幸 Natural ART Clinic 日本橋
住所:
〒103-6008
東京都中央区日本橋二丁目7番1号
東京日本橋タワー8階
募集人数:
先着100組(200名様)
応募申込:
2021年4月27日(火)から2021年5月28日(金)まで
視聴期間:
2021年4月29日(木)から2021年5月31日(月)まで

参加費:無料(ネット通信料は自己負担になります)

備考:
オンデマンドを視聴いただいた方を対象に、個別カウンセリング(無料)を行います。詳細はこちら。なお、カウンセリングをお受けいただく場合、AMH検査、精子検査の両方、またはどちらか一つを受けていただきます。相談は無料ですが、検査費用をいただきます。
また、カウンセリングをご希望されない方にも、一度だけメールでご質問をお受けいたします。お名前と住所を記して、簡単な治療歴を含め400字以内程度にまとめたものを、lecture-faq@naturalart.or.jp宛に送付してください。
尚、既に通院中の方は診療の際に直接先生にご質問くださいますようお願いします。

オンデマンド配信の視聴では、AMH検査、および精子検査をお受けすることはできません。予めご了承ください。

お問い合わせ先:
lecture-faq@naturalart.or.jp

ART説明会リーフレットのダウンロード(PDFファイル)

ART未満説明会リーフレットのダウンロード(PDFファイル)

NAC式精子検査説明会リーフレットのダウンロード(PDFファイル)

【質問項目】

該当する項目にチェックしてください。