オンライン診療 個別
カウンセリング
公式チャンネル

Top > 当院について > 保険診療について

保険診療について

Natural ART Clinic が
保険診療を開始します

保険診療では、器具や薬品が制限され体外受精の治療成績が低下する恐れがあります。そのため当院では、保険診療を行っていませんでした。
2022年4月より5か月間、当院でさまざまな工夫を行ってきました。その結果、これまでと同様の高い体外受精成績が得られることを確認しましたので、新たに保険診療を開始致します。

保険診療の対象とならない方、体質や卵子の質にあわせてより個別化した体外受精を希望される方には、これまでのとおりNatural ARTの体外受精を提供します。

どちらの体外受精を希望されるのかは、担当医とよく相談して決めて下さい。

当院における保険診療の
体外受精における工夫

1.排卵誘発薬を多めに注射し、多数の卵胞を大きくする治療(過排卵刺激)が行われます。注射量が多くなることで、採卵後のトラブル(腹痛、腹腔内出血、卵巣過剰刺激症候群など)が増えることが知られています。

2.卵胞数の少ない方では、注射薬を多くしても卵胞が育ちにくいのが普通です。注射薬の量をむやみに増やすのではなく、薬の種類や投与のタイミングを体質にあわせてより丁寧に調整(個別化)することが大切です。

3.当院では、これまで排卵誘発薬が少なくても、(小さな卵胞から)良質な成熟卵子がえられ、赤ちゃんが生まれてくることを世界に先駆けて明らかにしてきました。この治療には、専用の穿刺針(細い針)と卓越した採卵技術、培養技術が必要です。

4.保険診療においても、これまでに培ってきた知識や技術を生かし治療成績を高めることが可能と考えています。さらに詳しい説明を聞きたい方は、院長、理事長に直接お尋ねください。

NACの自費診療・保険診療
受診の目安

⾃費診療NACメソッドによる不妊治療

>>
こんな人はNACメソッド
  • 43歳以上
  • 卵巣機能が低下している
  • ⽉経周期が不順PCO(S)
  • 重度の奇形精⼦症
  • 多数回ARTに不成功
  • 卵管⽔腫などの卵管異常
  • 保険適⽤の回数制限を超えた
  • 重度のOHSSを経験したので、
    OHSSにならない治療を希望
  • ⾃然周期にこだわりたい
  • ⼩卵胞採卵にこだわりたい
  • 特殊な培養法を希望する

保険診療保険規則による不妊治療

>>
こんな人は保険でいいかも
  • 保険適⽤年齢(43歳未満)
  • 40歳未満を推奨
  • 卵巣機能が年齢相当
  • ⽉経周期が順調
  • 不妊治療をあまり経験していない
  • 顕微授精を望まない
  • スタンダードな治療を希望する

夫婦妊孕力評価プラン自費か保険か迷っている方へ

>>
精子と卵子の能力を簡易的に
判断するための検査です
  • AMH(抗ミューラー管ホルモン)検査
  • 基本ホルモン4項目検査(月経3~6日目)
  • 超音波検査(月経3~6日目)
  • 基礎体温チェック
  • 過去治療内容の評価
  • 精子運動能力検査(原液と精製後のSMAS検査)

※精子は専用容器で事前持ち込み(禁欲3日)

※卵巣機能診察と精子検査結果説明は平日PM0時~3時に受付(精子持ち込み時に予約)

※自費検査13,200円(税込み)

NACの自費診療と保険診療
関連動画